施術施設の違い

施術室

永久脱毛をしたいと考えている女性は、多いのではないでしょうか。しかし、口コミを検索してもサイトによって言っていることがバラバラで、どこで脱毛をすればいいかわからないということもありますよね。 永久脱毛ができるとされているのは、エステサロンとクリニックです。しかし、実はエステサロンの脱毛はクリニックとは違います。クリニックの脱毛は医療行為で、サロンの脱毛よりも効果があり、その分値段も高いのです。 ムダ毛が濃い人がサロンで脱毛をすると、薄い人と比べたらとても時間がかかります。口コミにばらつきがあるのはこのためでしょう。また、正確にはサロンの脱毛は減毛です。体毛をとても薄くすることはできても、永久脱毛はできません。 クリニックも同様で、かなり効果は高くとも、永久に近いと感じるほど効果を得られるというだけにすぎません。科学的には立証されていないのです。 それでも、自己処理をやめることで毛穴も目立たなくなりますし、かなり毛が少なくなります。エステでも数年通えば、永久と思われるくらいきれいになるでしょう。 口コミを参考にしつつ、大手の有名エステやクリニックに通えば、きれいに脱毛ができるのではないでしょうか。

脱毛の歴史は古く、古代オリエントではなんと3000〜4000年頃には行われていたそうです。硫黄や石灰などを混ぜた脱毛剤も使われていたのだとか。 日本でも、平安時代には貴族の女性たちが額の形を整えるために脱毛をしていたそうです。江戸時代には、木の実から採った油や軽石を混ぜた脱毛剤が使用されていたのだそうです。 永久脱毛の試みは、19世紀には行われていたとされています。肌に硫酸を塗付したり、汚れた針を毛穴に入れるといった方法で、当然ながら肌を痛めてしまうものでした。 現在の永久脱毛に通じる電気による脱毛は、アメリカの眼科医によって考案されました。当時は処理にとても時間がかかったそうです。40年代には電気脱毛の特許が取得されたりと、かなり発展を遂げたようです。 60年代では日本で洋装が流行したので、女性たちもワキの脱毛をするようになっていったのです。99年にもなると、男性の脱毛も普及していきました。メンスエステの口コミも増え、男性の美容意識が変化していったのです。